結婚から13年 不妊治療に悩みは多く、年齢的にも区切りをつけるべき?

 

3年前から不妊治療をしています。
検査の結果、年齢的な部分はあるものの大きな原因が見つからず、最終的に位置やサイズ的に問題ないと言われていた子宮筋腫の切除手術もしました。
しかし、結婚して13年(うち不妊治療3年)一度も着床に至らずにいます。
金銭面、体力面、精神面そして刻々と迫る年齢のタイムリミットを考えると悩みだらけです。そろそろ終止符を打つべきか考えているところです。
年賀状の季節はどんどん周りの友人との生活環境の違いに落ち込んだりもします。
テレビをつければ芸能人の妊娠出産記事もありますし。
不妊治療にかかる金額、通院への時間、メンタル面での不安定さ、ホルモン剤による体系の変化、悩み事はたくさんあります。
年齢的に40代で出産している人が実際にいることを話題に出されたりしますが、人は人。
または不妊治療をやめたらすぐできたって聞くよなんて耳にタコが出来るくらい聞きました。
自分で出来るだけの努力はしてきたはずが、努力が必ず実を結ぶ治療ではないところがもどかしいと思っています。
治療をしていることはあまり公にはしていませんが、挨拶のように「お子さんは?」と聞かれることが辛いと思うことも多いです。
子供は可愛いと思いますが、どこか複雑な思いで接している自分が嫌になることもあります。
親が元気なうちに孫を見せたいと思うこともありましたが、難しいかなと思い始めました。
40歳になってしまったので、そろそろ区切りをつけようかと考えています。

 

 

不妊治療を行っていく中で、無事に妊娠できたときの事を考えると、今から気をつけておきたい点もあると思います。
例えば、ステロイドなどの薬を使用していて赤ちゃんに影響はないのかというようなことです。
妊娠できたときに不安になることがないように、この記事を読んで予習し、前向きに治療に励むのもいいかもしれません。

 

不妊治療が無事に終わったら、今度は出産に向けて準備をしていくことになりますよね。
その中で、つわりなどを経験する方が多いのですが、つわりが終わってからすぐに食欲旺盛になり太ってしまうことがあります。
そんなぷよぷよになってしまった身体をスリムにするために効果のある水素水はこちら!

出来る努力はやってきたつもり。プラス思考で前向きに考えたい

 

良いと言われている食事をする。
不妊治療をしている友人と情報交換(これも善しあしですが…結果私は置いて行かれたので)。
ゆっくりとしたステップアップではなく、医師と相談しながら高度治療まですべて出来ることはほぼしてきました。
37歳から不妊治療を開始して、もう諦めるという気持ちを持てるように努力することも必要かと思い始めました。
夫婦の間での話し合いでも子供だけが人生ではないと話していますが、女性として複雑な心境はあります。
不妊治療に関する治療費の保険適用または助成費の金額アップなどがあればもう少し続けられるかもしれませんが、年齢制限も出来たので難しいですね。
悩み事の改善策として結局のところ、自身のメンタルをしっかりもつことが一番大事なことではないかと思っています。
毎月毎月落ち込んで、夫に慰めてもらいながら過ごしています。
治療のスケジュールを考えると他のスケジュールが入れにくくなっていて、安定した仕事をすることが出来ません。
しかし、仕事をしないで治療を続けるのはなかなか厳しく、不妊治療をあきらめた!ときっぱり出来ればメンタル面での開放感は出来るような気もします。
改善策としてはプラス思考で前向きに考えるというのが私なりの答えです。

関連記事はこちらです